カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

64式小銃(本体) 楯桜改(BURSTフルカスタム)

◆自衛隊64式小銃(本体) 楯桜改 BURSTフルカスタム!
◆GUNショップバーストのフル整備(カスタム)・30日間の保証付き!
◆バーストホームページ
https://burst6.wixsite.com/burst
◆整備内容
・280mmテフロンコーティング・インナーバレル
・ポリカーボネイトピストン
・ポリカーボネイトピストンヘッド
・0.9J スプリング
・Wホールドパッキン
・EG1000Sモーター
・SBD
・HOPアジャスター
・タナフロン配線
・メカBOX整備・クリーニング・シム調整
・チャンバー加工・初速調整
※私個人は整備に詳しくないので整備内容でご質問を頂いた場合はお時間を頂きます。
※以下にBURST店長よりカスタムコンセプトを記載しております。長文になりますが64式にご興味のある方は他では入手できない64式を入手できるとご納得いただけると思います。是非最後までご閲覧ください。

64式小銃(本体) 楯桜改(BURSTフルカスタム)

メーカー:楯桜 BURST S&T
型番:0024
価格:

95,040円 (本体 88,000円、税 7,040円)

[ポイント還元 950ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品説明

◆自衛隊64式小銃(本体) 楯桜改 BURSTフルカスタム!◆GUNショップバーストのフル整備(カスタム)・30日間の保証付き!※BURST店長よりカスタムコンセプトを記載しております。長文になりますが64式にご興味のある方は他では入手できない64式を入手できるとご納得いただけると思います。是非最後までご閲覧ください。

■ 商品仕様

製品名64式小銃(本体) 楯桜改(BURSTフルカスタム)
型番0024
メーカー楯桜 BURST S&T
区分 新品

BURST店長説明
64式小銃 楯桜改 BURST改修型

電動エアソフトガンとしての64式小銃は日本のTOP製が製造販売していましたが 生産完了による販売終了から数年が経ちました。
TOP64式が販売されていた当時は、今ほどサバイバルゲームも普及していなく エアソフトガン、ことさら64式のようなマニアック(?)な銃はごく一部の好き物のコレクションであったと言っても過言ではないでしょう。
今回、「64式楯桜改」の改修を担当したBURSTでも当時、数丁の改修を手がけましたがTOPの64式は当時の諸事情で電動エアソフトとしての内部機構の設計に制約があった(と思われる)ため玩具としてBB弾を撃ちだすという面がかなり厳しかったというのが本音です。
そんなTOP64式が消え、誰もがもうエアソフト化をあきらめていた時突然の発売を発表したのが海外のブランドS&Tでした。
64式を待ち望んでいた方々が期待と不安に心を躍らせたのは(今、これを読んでいるあなたを含め)間違いのない事実でしょう。
当然、最初期ロットは予約完売。もう再生産は無いかと諦めムードの中、嬉しい再販!
この64式小銃 楯桜改は再販された最新バージョンをベースにしております。
さて、肝心のS&T 64式のお話に移ります。
実際のS&Tの内情は私は存じておりませんがS&T製エアソフトの数機種の改修をした側から推察するにS&Tのエアソフトは一か所で設計製造をするものではなく多くの工廠で作出された各種の銃をS&Tが統括して販売していると思われます。
S&Tが扱うエアソフトガンは改修や調整が不要なものと必要なもの、改修の度合いの大小が激しいのですがそれは、こういった事情が関与していると思っております。(全体的にS&Tで扱う製品はいわゆる中華銃の中では平均以上の使える銃が多いと感じます)
今回の64式も内部パーツはA&K製品と同じと思われるものが多数です。
これらのパーツの多くはBURSTとして「楯桜改」には不適と判断し変更しております。
また、箱だしの素体の場合、個体差が激しいのもS&Tの64式に多く見受けられます。
初速のばらつきと弾道の不安定さが際立っている印象です。
箱だしユーザーの方のお一人は、フルオートが「拡散波〇砲」と表現されておりました。
お世辞にも箱だしで使えますとは言い難い個体の多いエアソフトです。
それでも、64式には魅力あります。
ここまで読んでる方は、確実に64式がお好きなのだと思います!
64式をサバイバルゲームで使いたい!
装備してるだけでなく撃ちまくりたい!HIT取りたい!
そんな叫びが日本列島を走り抜けたと感じたのは私だけではないでしょう。
BURSTとは「トイボックス・BURST」として2000年から実店舗を構える福島県の老舗GunShopですがそこに同じ福島県の自衛隊装備品専門店の元祖「楯桜」が64式を改修に持ち込むのは 今思えばごく自然の成り行きといえましょう。
「楯桜」からの64式楯桜改への要望、指示は簡潔。
* このままサバゲで使える
* 日本製電動ガンと対等かそれ以上に戦える
* ゲームでの有効射程40m
* 故障時、本体(外装)が無事である限り修理対応を受け付ける
これらの要望に応えたのが「S&T 64式小銃 楯桜改」であります。
改修にあたり。
カスタムは、カスタマーそれぞれの技術と経験に裏打ちされた独特の手法を使います。 誰かの真似をしているの場合を除いて全く同じカスタムはほとんどありませんのでご理解ください。
また、パーツの種類に限りがある為他のカスタムと同じパーツを使いますが処方が違っていたりします。
カスタムガンのパーツ、特にインナーバレルやスプリングを変更するには注意が必要です その多くは初速(威力)が変わってしまい、場合によっては銃刀法に抵触することがあります。
本体内部の心臓部「メカBOX」内のパーツのいくつかは厳選したカスタムパーツへ交換してあります。
ノーマルパーツを修正調整しても良いのですが、パーツのばらつきがあるうえ後のメンテナンス性を考慮して、パーツ単体は手に入りやすく信頼のおけるものにしてあります。
インナーバレルは内径6.1で長さが280mmのテフロンコーティングされたカスタムバレルを使用しております。
バレル短いの大丈夫?と、思った貴方!いろんな意味でスルドイっ!
「インナーバレルを長く、内径が狭い精密バレルにすると遠くまで飛んでよく当たる」ある意味正解、ある意味不正解です。
厳密にいうと違うのですが感覚的にこう考えてください。
あなたが吹き矢を使うとき30cmの吹き矢と1mの吹き矢、どちらを使ったほうが正確に力強く飛ばせるか?
肺活量が大きければ1mのほうが良いでしょう、でも肺活量が小さければ1mの長さは矢を十分に加速できず、下手したら矢を飛ばすことすらできません。
エアソフトガンは現在その威力が法律で決められています。
限られた威力の中で適正なエア容量とバレルのサイズというのは単純に長さや精密さに比例するものではなくなっています。
サバイバルゲームでの使用を前提とした内容でバレルの種類、サイズを決定しております。 また、単純に海外製の規制オーバーの初速を落とすために短いバレルを入れているということではありませんのでお間違いなきように!
スプリングは基本的に改修する場合は交換いたします。
これもバレルのお話と同じで単純に0.9Jスプリングが0.9Jになるわけではございませんので トータルバランスでスプリングの銘柄、強さを選定いたします。
ピストンおよびピストンヘッドはこの64式に使われていたものは到底使う気になれませんでしたので即交換。
ピストンはシリンダーやリングとの相性、メカBOXとのサイズ、ギヤとのかみ合わせが絡むパーツでありエアを送り出してBB弾に推進力を与える要のパーツです。
改修内容によっていくつかの選択肢がありますが、主に必要な強度と作動性、密封性で選択しました。
HOPパッキンは選択が難しいパーツでもあります。
64式の多くはHOPに問題を抱えています。HOPが掛からない。HOPが安定しない。曲がる。散る・・・・等々
処方はケースバイケースですが、個体に合わせてチャンバーブロックの加工とアジャスターの選定加工、パッキンの選定、ノズルの長さ形状の補正を行います。
64式購入時についてくる楯桜改の処方箋に表示されているHOPパッキンの銘柄は必ずしも同じではありません。個体ごとに結果の出るパッキンを搭載しております。
モーターは基本的にマルイ製EG1000モーターを使用いたします。
64式はハイサイクルの必要を感じないのとEG1000モーターの電動ガンにおける信頼性、入手のしやすさは大きな安心につながります。
もちろん、改修内容によっては他のモーターの選択肢もあります。
配線はタナフロン配線を使用しております。
通電効率が良く信頼のおけるカースタムパーツといえる配線です。
電気製品でもある電動ガンは配線チューンというのは確実に効果のあるものです。
SBD装備はもう最低条件のようになりました。
FET等の搭載が望ましいのですが、コストパフォーマンスを考えると標準装備としてのSBDは効果的にスイッチ接点をガードしてくれます。
実射につきまして。64式楯桜改の実射性能は。Lipo7.4Vバッテリー使用において購入してそのままサバイバルゲームで遊べるように改修してあります。
有効射程は40m。
これは平均的なマルイのアサルトライフルと同等かそれ以上に戦える能力とお考え下さい。
BURSTでのサバゲで使えるカスタムの試射の場合ボタニカルバイオ0.25gBB弾(推奨)、0.2gBB弾でHOP調整およびサイト調整をした後弾道を見て当てるのではなく、サイトを合わせて当てる撃ち方をして20m、30mは、20cm×15cmの的にストレスなく当てられる。
40mは直径30cmのペール缶の蓋ほぼに当てられるという基準で行います。
なんだ、そんなデカイ的か・・・・そう思われる方もいらっしゃるでしょう。ですがサバゲを多く経験している方には納得の距離と的だと思います。
20〜30mでの20cm×15cmはバリケードの隙間の相手を目視確認できる目安としてちょうど良いと思っております。40mという距離はBB弾を撃った射手の目からちょうどBB弾が消える距離です。直径30cmは人間の胸とほぼ同じ大きさ。プロテクションを装備した人間の頭部より少し大きいくらいです。
40mで20cm×15cmの的を使わないのはサバイバルゲーマーはほとんどの場合GUNを固定して撃たないのであまり的が小さいと狙わないで的と弾道補正で的に当ててしまいます、それでは意味がありませんので目視可能な的を使います。
30cmある的だと40mで狙いやすくなるのとゲーム中とほぼ同じ感覚で狙えるからです。
有効射程は「狙って当たる距離」ですので実際はそれ以上に飛びます。
サイト調整をして試射をして「当たる感覚」をつかんでください。
人間が撃つ以上、狙えば当たるわけではありませんが、射手が自分の銃で「こう狙えば当たる」という「当たる感覚」を身に着けていただければ当たってくれます。
*照門*
さすがに40mで100発100中ではありませんが、「当たる感覚」を身に着けて64と一体になれば弾道を見ないで照星、庄門を使用して高確率に当たります。
試しに当たる感覚をつかんだら、その感覚のままフルオートへ切り替えて指切りバーストしてみてください。発射音と同じかほぼ同数のヒット音を確認いただけるはずです。
きっと「いける!」と感じてもらえると思います。
エアソフトガンは機械であり、電気製品であり、おもちゃです。いつかかならず壊れたり調子が悪くなるでしょう。
64式楯桜改はGunShop BURSTとの提携により販売後のアフターケアも続きます。
保障1か月は正常な使用方法で内部機関に不具合が出た場合の修理保証です。
外装品は対象外ですが内部補償いたします(指定BB弾はS?SボタニカルバイオBB弾かG&GバイオBB弾です)
最近の故障の多くはBB弾が原因のものがとても多いのでBB弾の管理には十分注意してください。最近のバイオBB弾は種類が多く、夏にフィールドで2時間で変形したりもします。 特に黒色半透明のローダーに入れたまま炎天下に置いたままだと、あっというまに変形するものもあります。BB弾にタオル一枚かぶせておくだけで全然違います!
1か月の保証期間が終わった後も外装パーツはメーカーの供給があるか無いかで対応がかわりますが内部に関しまして64式楯桜改はオーナー様が大切にしてくださる限りメンテナンス、修理対応させていただきます。
その際、必ず「楯桜」の印が押された「仕様書」を保管しておいてください。 「仕様書」が有ればメンテナンスと修理は、有料となりますが、ずっとお受けいたします。 
メンテナンス、修理は「楯桜」様へご相談ください。
内容などによってはGunShop BURSTから直接ご連絡させていただく場合もございます。
それでは、64式小銃 楯桜改楽しんでください。

ページトップへ